平成28年度現在 西区地域自立支援協議会で
検討すべき課題2本柱

 
高齢障がい者への支援

  •  個別支援会議の振り返りでも浮き上がってきた課題です。のなかでも見守りのシステムが急務です。

   これは若い世代で多動の知的障がいの方にも共通の課題です(担当者会議と課題
  検討会議で協議をしました。今後プロジェクトチームを立ち上げる予定です)。
 
学齢期にある障がい児の居場所

  •  現在放課後児童デイが5つに増えました。放課後通う場所以外にも地域と繋がれる居場所が欲しいです。
  •  地域の中に入れるシステムを検討中(担当者会議で議案にあがりました)です。